夜明け前

Twitter:@ai_no_yumetoca

1/12

1日で雪化粧。朝通勤途中の電車の中にマチコ巻きしたおばさんがいて素敵だった。


鼻を整形したい。もう少しはマシな顔になるのに。あと歯の矯正。歯だけで100万くらいかかるって。


会社で泣くとトイレに籠る。会社にも保健室あればいいのに。急に悲しくなると抑えられない。情緒が不安定だと言われても仕方がない。



ここまで帰りの電車で書いた。帰ってからずっと泣いてたんだけど、友達と電話できて、ほんと半分カウンセリングみたいに延々と話を聞いてもらった。ありがとう。
自分の気持ちに素直になること、自分のために好きなことをすることは大事だし、そういう人が魅力的だなと思った。なによりとても健康的だ。我儘とか、自分勝手というんじゃなくて。誰かのためになにかをしなきゃって生き方より、自分に正直に生きていきたい。自分が相手のためを思ってしたことでも、本当に相手に必要なことかは分からないし。自分は自分だし他人は他人なのに、そこにやきもきし始めると擦り切れる。自己の過度な押し付けはタブー。変に繕わなくていいようになりたい。私は自分がやりたいこととか、自分の気持ちが全然分からないし、自分の気持ちにすら自信がないから、本当に気をつけて、意識して確認しないといけないなと。今までのツケが回ってきているんだと思う。難しいけど、ニンゲンは自分の気持ちに素直に、やりたいことを追求するとしあわせに生きれる気がする。他人に依存しないで、自分のやりたいこととかたべたいものとか、欲求に素直であること、へんに否定しないこと、押し込めないこと。さみしいときはさみしくていい。メモ。

1/11

通勤途中でよく見かけるあの雀でもない黒と白の鳥なんていうんだろう。実家の周辺では見かけない鳥。丸っこくてかわいい。


週末、東京に行けなくなった。純ちゃんのライブもオジャン。でも、ちょっとホッとしていたりする。今の状態で東京まで行って観光して帰るだなんてことたぶん出来ないから。行ったとしても井の頭公園で一日ボーっとしてたんじゃないかな。新しいカメラ買おうかなと思ったけど、いまいちデジタルのカメラってどれがいいか分からない。RICOHは好き。


会社帰りに脱毛に行く。非日常的な日常だ。元彼のために40マンエンでローン組んだけど、もう必要なくなってしまった。誰とも付き合う気がないのに、体ばかりピカピカになっていく。凄い。


そのあと、同期の女の子とお酒を飲む。私とは正反対の次元を生きてきた23歳と話すのはわりと面白かったりする。このくらい素直に他人のために生きれたらと、尊敬する。話したくもない家庭の話をしてしまう。家族が全員仲悪かったとか、喧嘩していたとか、そういう話。酔っ払うと余計な話を沢山してしまうのやめたほうがいい。1人1500円で済んだけど美味しいお店だった。元彼と別れてから、飲んだくれているので仙台の居酒屋にばかり詳しくなる。

1/10


深夜何度も起きる。疲れた。
朝の青空、雲が無くて本当にただ開けっぴろげに真っ青で真っ平らで、凄く不気味だった。


会社の前にあったビルが解体されていて、ショベルカーでがこがこやられている様が窓から見えるんだけど、たまにボーッと見入ってしまう。物が破壊される様はうつくしい。それが元々どんな姿であっても、どんなに豪華絢爛なものでも、どんなにみすぼらしいものでも、がこがこ壊されて真っさらになる姿は美しい。


私は自分の意志でこの街に来たから罪悪感覚えてもらう必要はないし、自分のこの状況の後始末もちゃんとつけるつもりだ。でも、「大変なときは頼っていいからね」という文章の「大変なとき」がよく分からない。毎日大変なような気もするし、病気で生死の境を彷徨っても末期癌になっても、特段大変ではないような気がする。それに「大変だから頼る」ってなんだろう。わたしにとってはとても難しい言葉だ。


お土産で買ったかもめのたまご、会社で課の人に渡しそびれてしまって、もくもくと一人で食べる。そういうことばっかりなんだよな、変に気を使っちゃって、突っかかって前に進めないことばかり。無理やり、おいしいからいいかと思うことにする。

1/9


自分の身体の汚い部分に花を埋め込んでいったら、身体中花だらけになっちゃった。陰部と喉に大きな花弁がザックリ飲み込まれていったのには笑った。夢。

昨夜切り刻んでしまった腕が痛い。こんなことしてまで生きている理由は何?かなしい思いをとめる方法あったら教えてほしい。お薬もらったらもう少し泣かないで済むのかな。部屋のカーテンを開ける方法教えてほしい。眩しいのが、無理だ。

こんなことしてても何も変わらないのはわかってるけど寂しいし悲しいのだから仕方がないじゃないか。結局あの日から全部止まってるんだ。前に早く進みたい。

1/8


一日中部屋に籠る。泣いてはお酒を飲んでの繰り返し。私の泪集めたらきっとお船を浮かべてぷかぷか出来るかもってくらい泣いている。なんでこんなに悲しい気持ちに縛られなきゃいけないんだ。1人は悲しいものなら、やめてしまいたいな。でも、人と過ごす仕合わせを感じるまでは18年ほど、1人の精神で生きて来たのだし、やはり、人と過ごす楽しさを手に入れるべきではなかったのだなと思う。経験が無ければ、のっぺりとした毎日が続くだけ、寂しくなんて、ないのだもの。自ら命を絶たない限り、あと何十年さみしいのだろう。失ったもの、二度と手に入らない。ゴミ溜めみたいな部屋で死んだ目しながらベットに潜り込んで生きながらえている。何してんだ。


金曜日、おやすみが取れれば東京に行くつもり。戸川純さんの35周年ライブを見に行く。人生の目標の人だからドキドキする。一年ぶりかな。仕事に行けているくらいだから、ちゃんと行けると思うけど。バスで片道約4000円で東京に行けるの、凄い。高円寺とか、西荻とか、杉並区あたりで穏やかに過ごしたい。晴れればいいな。この日記みた人で、東京でまったりできる場所知ってる人、おしえてね。


煙草を吸うと、少しだけ落ち着く。小さい頃の私がみたら嫌な顔するだろうな、思いっきり。


www.youtube.com

1/7

昨日日記書いてネットにあげた直後くらいに、別れた元彼から、連絡がきていて、ついにあからさまな幻覚を見はじめるようになったのかと思った。一生、話すことはもうないと思っていたの。それでもあいしているつらさ、分からないと思う。一瞬気が抜けた風船みたいにしょぼしょぼなったあとダバダバ涙が出てきて、過呼吸起こすまで泣いた。返信するまで3時間かかって、LINE一往復しかしなかったけど、これが本当なら、凄い体験をしてしまった。二度と出会わない人と会ったんだから、凄いことだ。現世でまた話せるとは思わなかった。それと同時に、やはり彼じゃないとダメなんだなあと分かってしまって、とてもやるせなくなった。一生ひとりはつらいなあ。まあ、それでも、いいって覚悟を、別れた直後にもっていたと、思い出した。


次に住む家は猫が飼える家がいいなと思う、猫と暮らしたい。それでいい。


夕方、最寄りの神社に初詣しに行った。お賽銭あげるために小銭崩したけど、計算にまごついた。二柱神社っていうところなんだけど、宮城では有名な良縁?縁結びの神社らしい。元彼と別れた後に藁にもすがる思いでお守り買いに、おみくじ引きにきたっけ。そのときのおみくじは大吉で、まだ持ってるけど、年が明けたしいいかなって新しく引いてみたら、中吉だった。



神様、みてる。凄い。でもそれで忘られるなら苦労してないんですよ。他人のこと、好きになれたらいいけど、そうじゃなきゃ無理して誰かと付き合わなくていいかなって思ってきている。形のない終わってしまった愛をぬくぬくと、狂ったみたいに温め続けている。頭悪いこというけど、死ぬか孤独かみたいな土俵にいる。もう少し、待ってね、神様。あと、絵馬を書いた。何を書いたかは、言わない。


夜はモーモールルギャバンのライブに行ってきた。全力で音楽やってる愛すべき馬鹿たちよ、永遠であってくれと思う。ゲイリーには何度泣かされたか分かんないな。ライブ後、サインもらった。全力な人をみると本当に元気をもらえて、凄いなと思う。私もそうなりたい、いつか。寝不足でご飯食べずに行ったら案の定具合悪くなったけど、頑張れる。頑張れば動ける。死ぬまで頑張り続けなければ。何を?って言われても、うまく答えられないけど、強いて言えば生きることを。


1/6



3時間くらいはまともに眠れたかも。夢はみなかった。起きたら泣いていて凄いなあと、他人事みたいに、おったまげてしまった。


仕事。いきなり忙しくなる。ムラがありすぎる職場だ。お昼休憩以外ぶっ通しでパソコンとにらめっこしていた。


仕事終わったら喫茶店寄ろうと思ってたけど疲労感が凄くてレンタルショップだけ寄って帰った。最寄りのTSUTAYAとは別のところ。モーモールルギャバン前野健太ヤプーズ土岐麻子、ZAZEN BOYZ、ナンバーガール借りた。有名どころばかり。店員さんが丁寧に相手してくれた。それだけで凄くありがたい。金曜日だからお酒買って帰ろ〜〜って思ってから、どうせ毎日飲んでんじゃんってかなしくなった。おいしいたべもの買って帰ろう。(スーパーのお寿司)未だに料理を作れない。フライパンも包丁もあるしガスも通っているのに、トラウマティックだ。


新しいコートがほしいなあ。なるべくなめらかなやつ。本がうまく読めなくなっているので、小説を買うことをストップしている。かなしい。でも、読めない。読めないんだ。mur mur magazineを、久しぶりに読みたいと思えて、嬉しい。


かなしいことしか起きていないわけじゃないのに、そんなはずないのに、1日の大半、かなしいという気持ちの膜に覆われて生きている。薄い膜なのか厚い膜なのかさえ分からない化け物。人間と話したくない、人に会いたくない。寂しい気持ちを食べることで埋めるから太る、かと思えばぱったりと食べなくなる。私にとって食べることはストレスだから、これは自傷なんだと思う。


手帳に、死んだことを伝えてほしい人リストをつけている。遺族に向けて。親がスマホをもっていないから、ラインは使えないし、単純に名前と電話番号だけ。最期まであつかましいけど、最後の最後に、元彼の名前を書いてもいいのかな。どうだろう。インターネットの人たち、ラインは知ってる人結構いるけど、電話番号は知らないから、きっと私が死んでも誰も分からないね。海の藻屑だ。


ユメ叶うなら会いたいんだと思う、本当は。
泣きたい。こんなこと言いたくないけど、こんなこと思っているよりは、死んだら、絶対に楽になる。


そんなこと、打っていたら、今、昔デュエット組んでいた後輩から、大学院に行ったら、時間が取れるから、また音楽やりましょうって、連絡がきた。大学院に行ったらって、今年の4月以降ってこと。涙が出た。神様は、簡単には死なせてくれない。