夜明け前

Twitter:@ai_no_yumetoca

8/31

好きかもしれないと思っていた男性が、”好き”になり、数名で飲んだ帰り二人きりで飲み直し、そのいきおいに任せて、”私〇〇さんのこと好きだなあ”ってボソッと言ったっけば、そのまま私を恋人にしてくれた。この流れ、全てが奇跡なんじゃないかと思ってしまう。今まで恋人同士ってのはグロテスクなものなんだなと思うような関係性しか築くことができず、半ば諦めていたけど、この人とは、なんというか、こそばゆいような照れくさいようなソワソワとする感じ、でもそれでいてドシッとした安心感があり、それら全てがまばゆい。

彼は料理が凄くうまいので、私の出番はなかなか無いんだけども(なんなら弁当をつくって私の分まで詰めてくれる始末)、この前夏野菜のカレーをつくったら残さずたくさんたくさん食べてくれた。それから、水族館に行きたいと言ったら指切りしてくれた。私にはそういうこと、もの、全てが新鮮で、なんにも知らないくせに愛がどうとか言っていたのが少し恥ずかしい。1年前の私に、あんた死ななくて良かったよって言いたい。私はしあわせです、今。

明日から9月。涼しくなってきたから色んなところに写真を撮りに出かけたい。

広告を非表示にする