俺らは肉の歩く朝

Twitter:@ai_no_yumetoca

7/21-7/23

24歳の夏のはじまり、夏休みを中国は山口で過ごした。友達の家にお邪魔させてもらって二泊三日。

20日の夜、夜行バスに飛び乗って東京に向かった。この飛び乗るという表現は大袈裟なものではなく、ほんとうに出発の5分前くらいにバス乗り場についた。「この辺りはねえ、覆面がいるから普段は無茶しないんだよー、山口楽しんでねえ」と言って夜中にタクシーをグングン飛ばしてくれたおじちゃん、一生忘れないと思う。

羽田から宇部へ。飛行機なんて人生2度目14歳ぶりに乗ったから終始ドキドキしていた。君の街までひとっ飛びだし、天国と宇宙に近い場所にあっさりと行けるなんて、すごい乗り物だ。




それから、人生で2度目のフェリーにも乗った。海はいいなあ、大きくて和やか。台湾のかき氷とクリームぜんざいおいしい。屋台もたくさん並んでいて楽しい場所だった。道中、車でたくさん歌を歌ったり、東北にはないお店や面白い看板を発見してはわいわい騒いで、よかったなあ。私が昔あげたプレイリストを沢山かけてくれたんだけど、プレイリストというものはいいものだと改めて。帰ったら私もまた色々作ろう。夢の国というゆめかわいいラブホテルをみつけた。


二日目。喫茶店でモーニングをとる。途中、川にて朝食タイムしている鴨や、遊ぶ子供に会い、夏。山道をこれでもかというくらい曲がりくねって、進んでいくと、いきなり現れる古本屋。すごく素敵な生活をしてらっしゃる店主さんだ。とてもとても素敵な装丁の本と日記帳を買う。楽しい日のことしか書かない日記帳にする。

ここはこの世の場所か?と思うくらいに綺麗なブルーよ。水に含まれるミネラル分が豊富なため、太陽の光(大きく分けて7色)のうち、6色は水に吸収されるけど、残りの青色だけは反射するとのこと。理由を調べてもホウ、という感じだけど、そんなことはどうでもいいくらい、兎に角神秘的なんであった。水があり得ないくらいに綺麗。


山道をぐんぐんと登って、空と海の境が分からない景色が広がる場所へ。海は凪いでいた。船が数隻、進んだり泊まったりしていて、その様子を永遠に眺めていたいと思った。なんだか、どうでもよくなるのだな。現実から離れた場所に来ているというのはあるんだけど、それを度外視にしても、大きな海と回る風車と、田んぼ、そこに住む人たちの暮らしを、くぐり抜けて、それから神様と同じような視点で見下ろしていたら、私が普段感じる悩みとかくるしみとか、かなしみとか、そういうマイナスなものはとんでもなくちっぽけなものに思えた。まあ、現実に戻ったらそれはむくむくと、おどろに復活するんだろうけど、このときの気持ちを忘れたくはない。

山を下って、道の途中で車を停めて海に。これは、いー夏休みだなあ。あー、夏休み、夏休みってこういうことを言うんだなあ。死ぬほど幸せでどうしような、楽しいな、笑おうって時間だった。24歳の夏休み。写真たくさんたくさん撮ったから、現像するの楽しみだな。


生活がある、私にも君にも、生活が。一晩ねむって、朝になったら私も仕事に行くし、またパソコンのモニターに向かう。淡々とした毎日が目の前に並べられていて、険しくあっても、なだらかであっても、その中を歩き続けていく、こと。泣いても笑っても、出会いがあっても別れがあっても、自分が選び抜いた世界を生きていく。旅行ってのはいいもので、途中会ったコンビニの店員さんですら、とびきりなことが起きなければ、もう二度と会うことがない、そういう人と人の生活の交差が起きるのが堪らなく楽しい。なんだかそれだけでちょっぴりおセンチになってしまうんです。誰が言ったんだっけな、借金してでも旅をしろ、って、今は私もそう思う。ねえ、また、会えればいいなあ。会いに行きたいな、会いにおいで、次はどこに行こうなあ。

エブリシングズ ゴナ ビー オールライト、ということで。




7/1



朝起きたら海の写真が届いていた。海はいいよなあ、大きいし。ときに怒り、ときになごやかに、大きな愛を感じる。えんえんと青なのもいい。海の青は深くて大好き。用事があって街の方に行ったから、朝の写真みたいなネックレスを買った。買い物をするとき、こういう買い方をしてしまう。特にアクセサリーは。なにかしらの思いを込めたいのだと思う。なるべく毎日を平坦に過ごせるよう、お守りを自分の手でこしらえる。本当に好きかもしれない人ができたけど、告白されたら付き合うだろうなという人もできた。それから、一番気を使わないような友人同士だけどお互い君にだけは嫌われたくないと思ってる男の人。多分、誰とも、付き合わないと思う。近寄りたいけど、近寄り難い。こんなことばかり言ってるから孤独なのだ馬鹿者よ。寂しいくせにこの前、好いてくれた人を傷つけて突き放した。どうにも、人に近づくのが怖くウジウジとしてしまうのは、過去の業でしょう。夜中に同期の子から電話がかかってきて、それに出たら、集団で飲んでいたようだった。それから、酔っ払った別の部署の上司にからかわれたあげく、「人のことナメてるよね?」と言われたけど、ナメてるというより、人に対するあらゆることを諦めている。たまに諦めるのが難しい人が出てくるから処理が追いつかず、とんでもないことになるだけ。はやく海みたいになりたい。好きな人も嫌いな人も、自分も、全てをゆるしたい。

今日から7月。去年は地獄みたいな夏だったから、今年はキラキラした夏になればいいな。

6/26

愛と恋について。人と付き合うということについて、全く分からなくなってきていて。誰かにドキドキしたり、苦しいときや楽しいとき、お酒煽って酔っ払った夜に誰かを思い描くのが恋なら、私は今3人くらいに恋をしている。互いに”好きかもしれない”となって付き合うのは、稀だと感じていて、だいたいどちらかの妥協の産物と成り果てるのが常で、それは、きっと長続きしないんだろう、経験論だけど。愛は、好きな人が自分のところから離れていったとしても、誰か別の人と結ばれようとしていても、幸せを願えること、自分のことを差し引いても、その人の幸せを思い描けることだと思う、綺麗事かな。綺麗事なんだろうな。友達としか思えない人から告白された。好きな人から髪型をほめられたこと、好きな人と話せたこと、後者2つの方が前者に勝っていて、やっぱり私は、優しくないなあと。寂しいと喚いておきながら、誰かに求められても、自分の気持ちに貪欲なばかりに、応えようとしない。

雨の中で花束持ってた男の人、きっと、まあるくて、ポカポカとした愛がその心と花に宿っていて、怖いくらいに美しく見えた。

6/24-25

悲しいことは特に無いのに変に気持ちが落ち込む。一旦全てを真っさらに、無の状態にするリセット機能ってもんが人間にも備わってくれたら良いのに。2日連続でタクシー使って6000円吹っ飛ばしてる。終電で帰れと思う。早く引っ越したい。来週はボーナスが入る。新しいカメラ買う予定。イスラエルの人がやってるシーシャのバー、行きつけになった。青いワンピース、東京の古着屋で買ったもの。風でひらひら揺れて夏。私なんかでは幸せにできないと考えてるうちは、ダメなんだと思う。私が幸せにすると思ってた恋愛で失敗したからな。私がどうこうしなくてもみんな勝手に幸せになるんだろう、多分。本気で好きな人ができたかもしれない。

6/22

最近会社の仕事が忙しく、大体20〜21時くらいに退社の日々が続く。今日は、会社の人と終礼の後に話してたら、「黒沢さんと話してると元気でます」という趣旨のことを言われて、嬉しくなった。恋人と別れてから、1人の人に注いでた愛が満遍なく分散して、丁度いい感じになってる。これを一身に受けていた元恋人はつらかったろうな。ごめん。また恋人ができても、この平坦な、なめらかな愛をもって生活がしたい。


これはアパートから最寄駅に行く途中にある場所。冬には枯れ果てて死んだように生きていたものたちが、こんなにも青々と、生き生きと、呼吸しているというのは、感慨深い、というか、ハッとするほどに爽快で「生命」を感じる。野に咲く草木は強くて凛としている。どんなにへし折られても、文句も言わず、ただひたすらに生まれ変わる。私もそういう人間になりたい。


それから、7月に、大好きな友達が住む街に行くことが決まったので、飛行機と夜行のバスを予約した。ニヤニヤする。

6/18

特になんということもないのだけど、自分が化物のように感じるときがある。自分の意思に反した行動を起こすことがしばしばあり、いまいちその速度についていけない。今がまさにそれで、そういうときは、機能停止したロボみたいに動けなくなる。今日はキッチンの床に転がってずっとボーッとしていたし、土日でやらなきゃと思っていたこと半分も終わってなくて、もう寝ちゃいたいなと思ってる。惰性と言えば惰性だし、なんということも、ないのだけど、こいつは突然やってくるから本当に厄介。昨日からその気があってヤバいなと思っていたんだけど、今はもうズブズブ。夜を超えるだけの力を養うこと、毎日を生き抜くこと、そういうものを意識せずに生活が送れるようになること。明日は朝早いんだ。梅をさ、昨日買っちゃったから、腐る前につけないとと思って、梅酒をつくったのね。今日つくれてよかったなあと思う。悲しみ、孤独とか、そういう、透明だけどギトギトしているものを含んでうまく育ってくれ。今のところ、君は澄んでいて、綺麗だ。

6/13-6/15

6/13

今日は朝から散歩できていー気分。誰もいないし気持ちよくてたまに走ったり飛び跳ねたりした。誰かに見られていたら死ぬほど恥ずかしいけど。よく晴れていたから余計に気持ちよかった。YUKIの新譜、聴くと元気になれて最高。

お弁当が美味しくできたから瞬殺してしまった。それから、新しく資格を取ろうかなと思って、ちょっと調べた。一年前、あんなに気力が無くなって死ぬかもと思っていたのに、人間の生命力には驚くばかり。

華道をやって帰宅。先生に爪を褒められたし、手が綺麗ねと言われ、うかれる。スモークツリーを初めて触る。香水買おうかと思ったけど、一旦考えようと思い直して店を出たら、やっぱりそんなに好きな香りじゃなかった。結晶を育て始める。

6/14

終業後すぐに会社の女性部(組合)の飲み会。職種的にどうしても女性が少ない職場だから、年に一回こういう飲み会がある。出席率半分だけど。ずっと話したいと思ってた先輩社員の方と話せてうれしい。今度5人くらいで、お米屋さんでリゾット食べる会を開くことになった。好きな人達ばっかりの飲み会になりそうで2週間後が楽しみだ。それから、やっぱり山口小夜子になりたい。

6/15

社内の講習会の受付のお仕事。結局ずっと講習みていて、中身はほとんどチンプンカンプンだったけど、スライドにうつる海の写真とか船の写真とか、青空の写真がいいなあとぼんやり思ってた。タイムラプスで、メインのもののバックの空がだんだん白んで行く様子もあげられていて、そこそこ楽しかった。一緒に受付やってくれた他社のおじさんがいい人で、嬉しかったな。お気に入りの社員さんから終業後お菓子をもらう。Excelの本を買って帰る。ほしいなと思った文庫本はKindleで買って通勤途中に読むことにした。初めて父親に父の日の贈り物を買った。お母さんには毎年あげてたんだけどね、ごめんね。